11-634-77
11-634-77 11-634-77
在庫状態 : 在庫有り
¥22,000 ¥21,600
数量

南部鉄器と清水焼のコラボ鉄瓶急須♪

京焼は京都で作られる陶器の総称。
一度焼成した後に上絵付けの技法を用いたものが多く、その起こりは16世紀末頃と言われ、17世紀に茶道の隆盛に伴い発展を遂げてきました。

世界中で人気の高い南部鉄器の急須に、精巧な装飾を施した清水焼の蓋を組み合わせました。
異なる二つの伝統工芸品を京都の遊び心でアレンジした、西川貞三郎商店のコラボ商品です。

この“かより”シリーズは、古くから受け継がれてきたものに少し手を加えたり組み合わせたりすることで、新たな愉しみ方を見つける。
そんな豊かな遊び心も京都が長い歴史の中で培ってきたもののひとつです。
遊び心はいつの時代も人の暮らしや営みに華やかさを添えます
。絵付けに西洋的な色合いやモチーフを大胆に取り入れてみたり、伝統的な茶具を思いがけない方法で組み合わせてみたり。
新鮮な京の華やかさをお楽しみください。

<セット内容>
鉄瓶急須×1、茶こし×1

<サイズ>
鉄瓶急須 : 16×φ17.2cm、500ml
茶こし : φ6×4.5cm

<素材>
鉄瓶急須 : 鉄
茶こし : 磁器

<生産国>
日本製

<箱寸法>
16.5×16.5×9cm

関連商品