82-011-19
在庫状態 : 在庫有り
¥11,000 ¥10,800
数量

花が咲いたような結晶紋が美しい京焼のペア湯飲み♪

京焼とは、京都で作られる陶磁器の総称で、栗田口焼や御室焼、八坂焼、清水焼などがあります。
それぞれに個性豊かではありますが、技法としては一度焼成した後に上絵付けを施した作品が多く見られます。

17世紀、都の茶道の発展とともに茶の席に使われる陶器の技術も発展を遂げました。
ちょうどこの頃、黒谷土と呼ばれる陶土が発見され、京焼の隆盛の後押しとなりました。
また京焼の職人が、伊万里焼に次いで赤色系の絵付を完成させ、全国に改めて京焼の技術の高さを知らしめました。
そして幾人もの作家たちが優れた作品を世に送り出しました。

様々な技法が見られる京焼ですが、花結晶の作品は京焼らしい上品で華やかな表情をもつ器。
器の表面に花が咲いたような結晶紋が並びます。
これは釉薬に含まれる酸化亜鉛が1000度以上の高温の中で結晶化し、花びらのようなデザインになったもの。
光を浴びると静かに反射し、その美しさを際立たせます。

一つ一つ模樣が異なる花結晶の器を楽しみながら、京の茶人たちの雅に思いを馳せながら。
淑やかなひとときを。

セット内容 : 花結晶(青)カップ、花結晶(白)カップ 各1
サイズ : 10×φ8.4cm
容量 : 360ml
箱寸法 : 12×20.7×10.6cm
素材 : 磁器
日本製

82-011-19

関連商品