82-508-15
在庫状態 : 在庫有り
¥11,000 ¥10,800
数量

1つはもちたい♪美しい紋様と透明感が輝くスペシャルな江戸切子です。

江戸切子は170年以上の歴史を持ち、天保時代、加賀屋久兵衛というガラス商がガラスの表面に金剛砂で彫刻を施す細工をしたことから始まったと言われます。
当時から作品の美しさには秀でたものがあり、あのペリー提督も加賀美屋の作品に感動したというエピソードも残されています。
明治時代にはヨーロッパの技術の影響を受け技術は格段に進歩、戦後になり今のスタイルが確立されました。

江戸切子の紋様には幾つかの意匠がありますが、この剣矢来のロックグラスはそそり立つ剣の鋭さを強調した図柄。
透明、または色被せを施したグラスに、ひとつひとつ手作業で紋様を入れていく繊細で地道な作業が生み出されます。

この美しい江戸切子に、お好みのお酒を注いで…美しさと美味しさをお楽しみください。

サイズ : 9×φ7.5cm、250ml
素材 : ガラス

関連商品